当店では脂身がギッチリ肉に入ってる霜降り肉
ではなく、日本全国より厳選した

赤身肉「和牛赤身肉ステーキ」として
お出ししています。

 

赤身肉が好きな大人の男性に喜ばれています。

 

現在取り扱いのある和牛です。

 

熊本県産 :赤毛和牛(赤牛) 
高知県産: 土佐あかうし
岩手県産:短角和牛

季節によって他の赤身肉

…など

 

素材の良さを引き出すために
変な装飾を一切せず素材を大事に

調理しているのが最大の特徴です。

 

お腹周りが気になっても旨い肉を食べたい!

 

そんなご要望に答えたのが和牛赤身肉です。

 

同じ和牛である黒毛和牛は品質自体は
申し分ないかもしれません。

 

肉は噛む必要がなくトロけるように
柔らかいかもしれません。

 

しかし。

 

肉が脂ぎってるから一切れ食べて

 

・もうお腹いっぱい
・コレ以上食べると翌日に差し支える
・胸焼けしてきた
・「俺の顔」脂ぎってないかな?
・この一口を食べるとヤバいかも

 

などの声をよくお聞きします。

 

霜降りの牛肉は、ほんの少しだけ
食べるにはいいかもしれません。

 

でも翌日には胃もたれして肉の味を
感じなければ
パワーは出ないです。

 

和牛“赤身肉”をオススメする理由

多くの方は和牛というと霜降り肉
を想像すると思います。

 

当店ではサシ入りの黒毛和牛は一切使ってません。

 

肉本来の美味さを感じる
「和牛赤身肉」だけを提供してます。

 

国内の赤身肉「人気の先駆け」
とも言える赤毛和牛(通称:あか牛)
をオススメしています。

 

まだ世間に広く知られる前から店主が
「赤毛和牛」の旨さに惚れ込み
熊本県産高知県産和牛赤身肉
を使い続けています。

 

あか牛は最近少しずつ取り扱うお店が
増えてますが、国内の生産頭数、出荷数が
極端に少ないのが特徴です。

 

そんな大変希少な“あか牛”を特別に
分けていただいてます。

 

都内でも扱いが少ない貴重なお店の一つが
当店です。

 

当店が提供してる“和牛赤身肉”は
フレンチのテクニックを使い

熟練の職人が丁寧に焼き上げています。

 

焼き上がった赤身肉は見た目はふっくらして
しっとりジューシーです。

 

ミートナイフで肉を切って口に入れると
お肉本来の旨味が噛みしめるほど肉汁が
溢れ出てジュワーッと口全体に広がります。

 

赤黒和牛の比較

熊本県阿蘇 あか牛と黒毛和牛の放牧

 

 

国内で飼育されている黒毛和牛はおよそ
1.800.000頭に対して
赤牛(褐毛和種)は24.500頭程度です。

 

1,000gの「黒毛和牛」塊肉があるとすると
わずか13g程度が「あか毛和牛」の飼育量
なります。

熊本県あか牛放牧

高知県土佐あかうし放牧

土佐あかうし

当店で赤毛和牛を召し上がられた感想です。

 

30代男性:おいしかった!!赤毛和牛 Y.S様

・50代女性:赤毛和牛の美味しさにビックリしました。

・30代女性:今回で2回目ですが満足です。T.K様

・40代女性:赤身のステーキ、とてもおいしかった。s.k様

・50代男性:フレンチって聞いた時堅苦しいと思ったけど、
ここは美味しいお肉を出してくれるお店で
  そのお肉(あか牛)美味しさには驚きました。H.K様

・40代女性:火入れgood!、ワインgood! K.M様

 

まだまだ多数のお客様から喜びの声をいただいています。

お客様からの声

 

当店のメニューを詳しく知りたい方は 下のボタンを
タップしてください。

 

 

電話でのご予約はこちらからお受けいたします。

03-6721-6910

 

インターネットのご予約はこちらからお受けできます。

 

QUNIOMI You Tubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/QUNIOMI

メディア掲載

YOMIURI ONLINE、グノシー、SankeiBizSANSPO.COM FEELY、朝日新聞デジタル&m、Infoseekニュース、Mapionニュース、Bizloop、 サーチ起業SNS、@nifty ビジネス、BIGLOBEニュース、bizocean、excite.ニュース MarkeZine、zakzak 、財経新聞…など 雑誌掲載多数…

 

雑誌テレビ関係の一部を掲載

 

 

 

 

電話でのご予約はこちらからお受けいたします。

 

03-6721-6910